20~30分がノーマルで、2~3分は早漏?

早漏は楽しみの時間が短いので、せかせかとしたセックスになってしまう。

持続時間は2分、3分、長くても4分だから。

このくらいの時間でも本当に早漏なのでしょうか?

いいえ、そんなことは絶対にありません。

なぜなら、このくらいがセックスの平均時間だからです。

多くの人は、「もっと長くやってる。これが平均だなんて信じられない」と言い張るにしてm,しかしこれが実態なのです。

特に男性は「もう3~5分は長いはずだ」と主張したがりますが、オーストラリア性健康センターのクリス・マホン博士はこう述べています。

「たいていの男性は『20~30分がノーマルで、それより短ければすべて早漏だ』と思い込んでいるのです」

専門家たちもひどく勘違いしています。

インポテンツをテーマとするある国際会議で開催されたとおり、列席した泌尿器科医たちは、「ペニス挿入から射精までの時間はどのくらいが平均とお考えになりますか?」という質問されたのですが、正しい時間を回答したのはわずか半数強だったのです!

その時間を性格に知りたいと思った人たちがいます。

フランク・ゾマー博士を中心とするケルン大学泌尿器科病院の研究グループで、彼らはカップルを3グループに分けて、セックスの持続時間をストップウォッチで測定してみました。

第一のグループは、早漏を嘆いている男性とそのパートナー、第二のグループは嘆いていない男性とそのパートナー、そして第三のグループは男性全員が泌尿科医でした。

その結果はこうでした。

持続時間は第一グループの男性が平均2分半、第二グループの男性でも平均3分でした。

1番長かったのは第三グループの泌尿科医で約6分でした。

それでも、調査に参加した大半の女性はセックスにすっかり満足していあした。

実は彼女たちも調査前は、持続時間がもっと長いものと想像していたのですが。

しかし研究者たちはこの結果から、「どのくらいの時間がノーマルかより、男女の行動、態度のほうおが重要だ」という結論を出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です