男性が望むのはセックスだけ?

異性関係において、女性より男性のほうがセックスを重視していることは、多くの調査ではっきり証明済みである。

男性に比べると女性の場合は、キスや愛撫のほうをはるかに大切に思っている。

つまり、「男性はいつもセックスそのものが目的」と思われているようですが、本当にそうなのでしょうか?

ランダウ大学の性科学・性教育研究所が、14~92歳のドイツ人男女2400人異常を対象に実施した大規模調査によれば、そうはいえないようです。

確かに、調査対象になった男性の48%が「異性関係において1番大事なのはセックスだ」と応えてはいますが。。

これに対して、そう答えた女性はわずか26%、しかしそれよりも多くの男性(49%)が、「1番大事なのは愛撫だ」と返答しているのです。

ちなみに、オナニーを第1位にあげたのはわずか3%でした。

この結果をみれば、「セックスだけ」を望んでいるのは全男性のわずか半数で、残りの半数はキス、ペッティングを重視していることがわかります。

しかもセックス願望の強い男性がいくら大勢いるとしても、高齢になると事情は変わってきます。

アメリカで実施された大規模な調査によると、80歳代の男性が1番気に入っているのは、女性にオーラルセックスをやってもらってオルガスムスに達することなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です